2016.4.21

106万円の壁とは?パート主婦が考える今後のはたらき方

1.106万円の壁とは?

106万円の壁とは、今まで年収130万円以上(週30時間以上)で社会保険に加入することになっていたもの(これを「130万円の壁」といいます)が、2017年10月からは106万円以上(週20時間以上)に引き下げられ新たにできた壁のことを指します。
これは、社会保険における格差をなくすこと、人口減少社会における一億総活躍社会を実現させるために女性のはたらき方を促進させるためにつくられたもので、短時間労働者(パート・アルバイト)に対する厚生年金や健康保険の適用が拡大されることになります。
2017年10月の改正は年収106万円 以上であればだれでも当てはまるのかというとそうではなくて、勤務先の従業員が501人以上などの条件があります。
【2017年10月施行の社会保険適用対象】

  1. 勤務時間が週20時間以上
  2. 一カ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
  3. 勤務期間が1年以上
  4. 勤務先が従業員501人以上の企業
  5. 学生は対象外

ご自身が該当するかどうか、確認してみてください。
また、今後適用範囲が広がることが見越されていますので、今後はこの条件に当てはまらなくても年収106万円以上であれば社会保険に加入することになります。

2.選択するのは、目先の収入?それとも手厚い保障と将来の老後資金?

社会保険に加入すると保険料を支払うことになりますので、その分手取り額が減ります。
しかし、社会保険に加入すると、国民年金に老齢厚生年金が上乗せされます。国民年金に厚生年金が上乗せされるということは、いま話題になっている老後破産をいまから対策することにもなります。さらに、病気やけがで会社を3日以上休んだ場合に支給される傷病手当金や産休前後に支給される出産手当金が利用できますので保障が手厚くなります。

3.まとめ

女性の社会進出推進という社会の変化とともにご自身のはたらき方・ライフプランを見直してみると、目先の手取りが減るというデメリットだけでなく、老後を見据えたプランニングでメリットが見えてきます。
ライフプランニングでシミュレーションして、この機会にご自身のはたらき方を見直ししてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る