2016.8.17

今日からはじめる株式投資!どんな株を買えばいい?

1.国内株式、海外株式とは?

株式投資を始める際にまず、株式にはどのような種類があり、どのような仕組みで成り立っているのかについて理解しておきましょう。
株式とは企業が経済活動をする際において、設備投資や広告費、人件費などの経営コストの資金を調達するために発行するものです。その発行された株を買った人は「株主」と呼ばれます。国内株式とは、一般的には国内に本社を置き、国内市場に上場している株式のことを指します。
海外株式とは海外に本社を置き海外の市場で上場している株式のことを指します。ただし、大手企業などは海外の市場にも上場している国内企業もあります。
もともと、大きな会社を経営するにはたくさんのお金を必要としますので、その企業の経営方針や考え方、これからの事業内容などに賛同した株主がお金を出し合ってその企業を応援し、その業績に見合ったような形で株主に配当金が渡るというような仕組みとしてスタートしました。
億万長者と言われる方の中には、上場企業の株をたくさん保有し、その配当金で生活をしている人もいます。最近、テレビでも注目されていますが上場企業の株を保有することで「株主優待」と言って、その企業の商品券やサービス券なども注目を集めており、それを上手に生活に活用している方もいます。これらの配当金や株主優待は、株を保有することで定期的に得られるメリットになりますので、「インカムゲイン」と呼ばれます。
株式には上場されているものとされていないものがありますが、一般的に「株式」といった場合は証券取引所に上昇している企業の株式のことを指します。

2.投資としての株式

株式を保有する主な理由としては、インカムゲインによる投資収益にプラスして、株の売買による収益である「キャピタルゲイン」による投資収益も考えられていると言ってよいでしょう。価格が安いうちに株を買い、価格が高くなったら売ることで得られる利益です。
その企業の株を何十年にわたり保有してインフレも含めて資産形成していく方法もあれば、価格が10%上がったら利益確定など自分で目的を決めて売買を繰り返してくキャピタルゲインを狙う投資もあります。
一般にインカムゲインが確定していて安定的に資産を増やすよう投資収益を狙うものとして公社債への投資、「キャピタルゲイン+インカムゲイン」の両方を狙うものとして株式と覚えておきましょう。それでは、株式というのはどのように購入するのでしょうか。次章では株式投資の始め方についてお話しします。

3.まずは証券口座開設

有名企業の株式に投資したいと考えたら、まずは証券会社で「証券口座」を作りましょう。株式を買う場合、現在はインターネットで株を売買される方が主流です。富裕層の方や資産家の中には「窓口売買」と言って、証券口座の窓口で相談や解説を受けながら購入する方もおられますが、手軽にコスをとかけずに始めたいという場合はネット証券をお勧めします。
解説したい証券会社のサイトから「口座開設」の案内に従って口座を開設しますが、琴の期に気をつけてほしいのが「一般口座か特定口座」のどちらにするかです。一般口座にすると、税金の計算や一年間の取引の明細などは自分でまとめて、利益が出た場合は確定申告の書類を作らなければなりません。「特定口座」を選択しておくと、一年間の取引を集計したものを証券会社が作成してくれますので便利です。特定口座の中でも「源泉徴収ありと源泉徴収なし」を選ばなくてはなりませんが、「源泉徴収あり」を選んでおくと利益が出た場合は証券会社が源泉徴収税まで計算して納めてくれるので、個人で改めて確定申告で計算して税金を払う必要が無くなります。初心者の方は「特定口座の源泉徴収あり」を選んでおくとよいでしょう。
口座が開設されたら、証券会社の口座に資金を移して取引を始めます。どんな銘柄を買えばよいかですが、最近は証券会社ごとに「スクリーニング」という銘柄検索のソフトで自分が買いたい銘柄を絞り込むことができます。資本金何億円以上、一株単位、値段、業種などを入力していき、選ばれた銘柄を購入することができます。

まとめ

株式投資においては「銘柄選択」が肝です。ただ、これは投資をしている方はわかることなのですが上場されている企業は何千社にも及びますから、その選定は簡単なことではありません。株式の勉強をして、経済の勉強をしていくことから始まることになります。
その影響で多くの方は「投資信託」というものから始められる方が多いのが事実です。投資信託とは何でしょうか。それはまた別のコラムをお読みください。また、資産形成や資産運用などの投資のイロハについてファイナンシャルプランナーに相談してみるのもおすすめします。ファイナンシャルプランナーは、税金、分散投資、金利などについて詳しいので効率的な投資の方法を学べると思います。

ページ上部へ戻る