2015.12.27

株の空売りって何?儲かるの?いまさら聞けないあなたに

1.株の空売りは儲かるのか?

株の空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法です。
株が値下がりしそうだなあと思ったら、株を借りて売却して、値下がりした時点で買い戻して返却すれば利益がでます。株で収益を上げるのは、値上がりの局面だけではないのです。
例えば、現在20万円のA社の株を借り、その場で売却すれば20万円が手に入りますよね。その後A社株が10万円に値下がりした時に、再び買い戻せば、費用は10万円で済みます。ここで、借りていた株を返却すれば、差し引き10万円の利益が手に入ります。これだけ聞くと簡単そうですがリスクはないのでしょうか?

2.株の空売りのリスク

値下がりしそうな株を探す→証券会社から株を借りる→売却する→値下がりしたところで買い戻す。うん、簡単そう。たしかに仕組みは意外と複雑ではないのですが、実は、通常売買よりリスクが大きいんです。通常売買だと、株が仮に0円になったとしても買った価格以上の損失は出ません。ただし、空売りの場合には、予想に反して株が値上がってしまった場合、損失の上限がないのです。しかも、株を借りている間には、借賃もかかり続けます。

3.まとめ

株は値上がり相場だけではありません、値下がり相場でも利益をあげられたら強いですよね。リスクはありますが、きちんと株式相場の動きを勉強して、損切りなど、リスクをコントロールする手法を実践できればよいのです。
まずは、証券口座で信用口座を開設するところから始めてみましょう。

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る