ファイナンシャルプランナー相談
のFPバンク
東京駅・新宿駅

【FP相談ガイド4】ライフプランの相談は家計のシミュレーションが要

ライフプランの相談をファイナンシャルプランナー(FP)にする際、結婚や老後など将来の人生設計には家計の収支や貯蓄のシミュレーションが有効です。住宅購入・住宅ローンの診断や保険の見直し、貯蓄計画においても根拠のある判断材料を提供してくれます。

ライフプランの相談

1.ライフプラン相談とは?

ライフプラン相談とは、結婚したら家計はどうする?子供をもう1人産んでもやっていけるか?この住宅買っても大丈夫?老後資金いくら貯めたらいいの?など将来の夢や目標を実現するための人生設計(ライフプラン)について様々な家計のパターンをシミュレーションしてお金の面で相談することです。

(1)FP相談と何が違うの?

ライフプラン相談は「ライフプランシミュレーション」によって算出された未来の家計や収支をもとに計画を立てたり、家計改善をしていく点で一般のFP相談に比べて特徴があります。このシミュレーションの有無で相談内容や相談結果には大きな差が出てきますので、実際にどんな違いになってくるか具体的な事例で見てみましょう。

ライフプランシミュレーション

(2)FP相談で「ライフプラン相談”無し”」のケース

次のようなことが一般論や平均値でわかります

  • 貯蓄額など平均と比べて自分はどうか
  • 金融商品のしくみ・比較・選び方
  • 税金と働き方・金融商品の関係

【具体例】

  • この家買えるか、審査は通るか?
  • 中学から私立っていくらかかる?
  • もう一人子供を産んだらいくらかかる?
  • 扶養の範囲で働いた方がいいか?
  • 転職したら手取りでいくら減るか?
  • 海外旅行のためにいい積立方法は?
  • 老後に必要なお金は平均いくら?
  • 老後資金を貯めるのにどんな商品があるか?
  • 教育資金を貯めるのに最も良い方法は?
  • 安全な資産運用の仕方?
  • この保険の仕組みと見直し提案?
  • 賃貸と購入のメリットデメリット?
  • 変動金利と固定金利の違い?

これだけでも、FP相談の良さがわかるのですが、ライフプランシミュレーションをするとさらに詳細な本当にほしい情報が手に入ります。

(3)FP相談で「ライフプラン相談”有り”」のケース

上記のメリットに加えて、一般論でなく自分ごととして次のことがわかります。

  • 未来の自分が具体的に見える
  • 現状のままでいいのかわかる
  • どんな対策をすべきか自分で判断できる

その結果、以下のような疑問について「自分の場合どうか」がわかる

  • この家買っても大丈夫か?
  • 中学から私立でやっていけるか?
  • もう一人子供を産んでも大丈夫か?
  • 何歳まで仕事を続けるべきなのか?
  • 転職してやっていけるか?
  • 毎年の家族旅行、がまんしなくていいのか?
  • 毎月いくらずつ積み立てるべきか?
  • 毎月いくらまで使っていいのか?
  • 老後までにいくら貯めればいいのか?
  • 資産運用をするべきか?
  • そもそも本当に保険が必要なのか?
  • 賃貸と購入どちらにすべきか?
  • 変動金利と固定金利どちらが自分に合っているか?

いかがでしょうか。似ているようで、全然違いますよね。FPにライフプランの相談をする際には必ずライフプランシミュレーションをしてもらいましょう。

2.ライフプランシミュレーションがすごい

ライフプランシミュレーションとは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移していくのかを予測・シミュレーションすることです。これによって結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できるから、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。

(1)ライフプランは家計の健康診断から

収入から支出(費用)をひいたものが収支です。これをまとめたものをキャッシュフロー表と言います。現状と30~50年後の将来のキャッシュフロー(収支)を分析するから、家計の課題と取るべき対策がはっきりわかります。先を見通せるから正しい判断と選択ができるのです。FP相談の経済的・精神的な効果を倍増するための必須条件とも言えます。

さて、私達は体の状態を健康診断でチェックするように、キャッシュフロー表を使って家計の状態をチェックすることができます。体の健康診断結果ではA・B・Cといったように総合判定があって、その結果次第では精密検査をしたり、治療をすることになりますが、キャッシュフロー表の良し悪しはどうやって判定するのでしょうか。

(2)家計の健康診断結果にドキドキ!

家計の健康診断結果(シミュレーション結果)はこの棒グラフで良し悪しが判定できます。このグラフのことを「貯蓄残高推移グラフ」と言います。グラフの真ん中に水面があって折れ線が水面の中に水没している場合、お金(貯蓄)が0かマイナス(借金)状態にあります。ですから生涯を通じて、水面下に落ちないでプラスのままであればOKということになります。

家計の健康診断結果

(3)分析結果が出たらどうする?

もし、シミュレーションの結果が水面下に落ちている結果が出てしまったら?この場合は何か対策を打った方がいいというシグナルです。では、逆にずーっとプラスという結果が出たらもう安心かというと、必ずシミュレーションのとおりになるとは限りません。

大切なのは、マイナスの結果であっても、プラスの結果であってもいずれも将来のシミュレーションなので、悲観したり甘んじることなく、ずーっとプラスであり続けるための努力や対策が必要だという事です。

健康の維持管理に似ていますね。健康を維持するのと同じようにライフプランも維持していかねばですからライフプランは1回やれば終わりというものではなく、年に1回とか、定期的に行って、当初計画どおりに進行しているのかチェック・見直しをすることが大切です。

3.タイムマシンで未来が見えるようだ

さて、ライフプランシミュレーションによって自分の未来が見えてくることはわかりましたね。そうすると今度は、「こういう場合はどうなの」という疑問が湧いてきます。例えば、もう少し価格の高い住宅をかったらどうなるか?あるいはもう1人子供産んでもやっていけそうかとか、あるいは私(妻)が何歳まで働けば老後は安心できるのかなどなどです。

(1)「仮」の想定があっという間に・・・

そしてライフプランシミュレーションのすごいところはまさにここなんですが、そういった「もしも」の想定があっという間にシミュレーションできてしまうのです。まるでタイムマシンで自分の未来を除いているかのようにです。子供2人なら全然問題ないけど、3人だと水面スレスレだねとか、ならば2人にしておいて、その代わり2人とも中学校から私立ならどうなるかとか・・・本当にあっという間なんです。これこそがライフプランシミュレーションの醍醐味です。

(2)シミュレーション結果は水没。でも買いたい

こんなケースもあります。子供は2人で共働き。都心のマンションを買いたいが家計の健康診断結果は・・残念ながら水没。でも、通勤のことや子供達の今後の通学、そしてなんといってもあこがれのマイホームを手に入れるために夫婦で貯蓄をがんばってきた。だから、なんとかして買いたい。こういう場合どうするのか?実はそれこそがFPの腕の見せ所です。単に価格を下げましょうというだけでなく、どうやったら夢が実現できるのか、徹底的に考えるのです。

(3)改善の材料が詰まっているからできる

そして考える材料になるのが例のキャッシュフロー表です。ここには収入(給与・年金など)や支出(税金・社会保険料・生活費・住宅費・教育費など)、収支、貯蓄残高推移などあらゆる情報がつまっています。

だから節税、住宅ローンの金利を下げる、保険料の引き下げといったコスト削減策や収支や貯蓄のなかから資産運用に一部回して金融資産の残高を直接増やしていく方法、あるいは、同じ都心の物件でも選び方・買い方一つで住宅価格を抑える方法などありとあらゆる手段を駆使してついにはつらい節約などしなくても十分水面上に出る改善ができる例はいくらでもあります。

(4)未来が見えるから、今すべきことがわかる

下のグラフは生涯の貯蓄残高の推移がライフプランシミュレーションによって変化する様子です。改善策によって人生が劇的に変化している様子がわかります。対策前は若い内に将来の異変を予測できず、老後になってから問題に気付く典型的なパターンです。

生涯の貯蓄残高の推移がライフプランシミュレーション

このようにライフプランシミュレーションをやれば現在だけでなく、将来の状態(課題)を把握できるので、 対策をすべきかどうかがはっきりします。また、実際に試さなくても将来がシミュレーションできるので、どんな対策を打つべきか(安全な解決策)がわかるので、将来に対する不安を解消することができるのです。どうですか、ライフプランシミュレーションの凄さが見えてきましたか?

4.ライフプラン相談の注意点

さて、とてもワクワクのライフプランシミュレーションですが、貯蓄残高推移グラフを駆使してライフプランを何パターンも見比べ最善の方法を探すという流れ。このグラフの元になっているものがキャッシュフロー表という話はしましたが、キャッシュフローなんて聞き慣れないカタカナ文字を聞いただけで面倒くさい、よくわからないといった拒否反応を示す方がいらっしゃると思います。でも心配しないで下さい。

ライフプラン相談の注意点

(1)面倒なことは、FPがすべてやってくれる

そういう面倒なことはすべてファイナンシャルプランナーがやってくれます。あなたはFPの質問に答えるだけでいいのです。そして、ライフプランシミュレーションにはFPのサポートを受けながら行うのが最も効果が高くなるでしょう。自分でエクセルを使ってもできないことはありません。しかし、税金や社会保険料、年金の受給額、住宅ローンの繰り上げ返済のシミュレーションとなると、さすがにプロにまかせてしまった方がいいということになるでしょう。

(2)ライフプラン相談のデメリット

こんなにワクワクするライフプランシミュレーションですが、見たくないものまで見えてしまうという欠点があります。誰でもイエローカードが出れば不安になるでしょう。もうこんなもの信じない」と思ってしまうかもしれません。でも、ちょっと待って下さい。30年後になって、やっぱりあの時気づいて良かったと思えるそんな時がくることを想像してみて下さい。是非勇気を持って自分の未来を覗いてみて下さい。未来を変えることができるのですから。

また、ライフプランシミュレーションをする時に重要なことは「想い」です。ライフプランソフトでは描き切れない家族の形や夢・暮らしをそのシミュレーションをサポートするファイナンシャルプランナーがいかに盛り込んでいけるか、これがFPの腕の見せ所。ということは、あなたとの相性はとても大切になりますので、FP選びは極めて重要ということになります。

(3)ライフプラン対応FPか事前にチェック

これまでみてきたようにライフプランの相談は楽しくてワクワクできる体験でFPならではのサポートと言えます。但し、ライフプランシミュレーションをやらないFPもいますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

(4)ライフプラン相談の料金

ライフプランシミュレーションはFP相談の料金に含まれることが多いです。料金体系も様々なので、ライフプランシミュレーションが料金に含まれているのか、これも事前に確認しておきましょう。

来店型だから安心 キッズスペースも完備!

営業時間

10時〜1830分 (水曜定休)

事前予約で19時30分開始も可。土日祝のご予約も承ります。

東京office

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-6-19 福清ビル5F

0120-993-110

店舗・アクセス詳細はこちら

東京駅
徒歩1

新宿office

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-1-12 クロスオフィス4F

0120-913-020

店舗・アクセス詳細はこちら

新宿駅
徒歩5