2016.6.2

金融機関の住宅ローン説明会に行ってきました!

住宅ローン説明会ってどうなのかな? – メガバンクの場合

まずは大手と呼ばれるメガバンクの説明会へ。流石にネームバリューがあるだけあってたくさん人が並んでいました。
まずは担当者からご挨拶。真っ先に話を始めたのは団体信用保険と期間固定金利の金利優遇からでした。聞いていた限りでは、確かに団体信用保険のローン完済条件は他行と比べると良いと感じました。
ただ、やたらと期間固定金利を進めて来ました。私が長期固定金利を聞くと「え?」と珍しいものを見る顔で返されてしまいました。その他、繰上返済はネット口座を作ればいつでも無料で出来るとの事でした。
感想としては、期間固定金利、特に3年の固定をやたら勧めてきて、長期固定金利は扱ってもいないような表現でした。

ネット銀行の場合

意外な事にネット銀行もこの説明会に参加していました。ここは大手の総合金融機関と信託銀行の合弁会社なので積極的なのでしょうか?
ここでも団体信用保険の話からはじまりました。特に金利上乗せがなく組めるのでおススメとの事。ただ、完済になる条件が先ほどのメガバンクと比べると厳しいなぁ~と思いましたがあまり質問すると煙たがられてしまうのでほどほどに(笑)。
ここでも期間固定金利のローンを進めてきます。特に5年を勧めてきました。さっきのメガバンクもそうでしたが固定期間が終わったあとの優遇金利幅が少なく、あまり好みではないので長期固定金利を聞いてみると、最近フラット35の扱いを始めたとの事。ただ、あまり取扱量がないので詳しくない様子でした。繰上返済はもちろん無料との事。ある意味当たり前ですね。

信用金庫の場合

これまた意外な事に信用金庫が参加されていました。(地場なのかな?)
ここはもう金利は他金融機関には勝てないとの事で他のサービスを勧めていました。繰上返済する時は自宅に来ます!みたいな。個人的には『いやいや、そんな(笑)』て感じでしたが、人によってはメリットにもなるかと思います。金利条件も伺いましたが、実際メガバンクやネット銀行には太刀打ち出来ないような感じでしたね。ただ、審査は柔軟性があるので普段、私たちファイナンシャルプランナー業務ではお世話になる事が多いです。

まとめ

やはり説明会では変動金利や期間固定金利、どちらかというと期間固定金利のおすすめが多いですね。目に見える金利がとても低いので担当者もおススメし易いのでしょう。ただし、期間固定型は優遇期間が終了したあとに大きく変化する事も多いので注意が必要です。

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る