2015.10.13

マイホーム計画中の方に贈る 後で慌てないマイホームの段取り

1.物件を探しはじめる前にしておくこと

マイホーム購入を計画する時、あなたはどこから手をつけ始めるでしょうか。意外と知られていないマイホーム購入の段取り。知らなくて後で慌てる方も少なくありません。マイホーム購入を計画的に進めるコツをご紹介します。
何気なく寄ったマンションギャラリーで気持ちが盛り上がってしまい契約してしまった! これだけ聞くと作り話のようですが、そんな例も実は少なくありません。残念ながら、後で一番慌てるのがこのケース。マイホーム購入を計画的に進めるためには、物件を探す前にやることがあります。
(1)希望条件を全て出そう!
まず一番始めにやるべきは、住宅に対しての希望条件を全て出してしまうことです。実際に叶うかどうかはひとまず置いておいて、考えられる限りの希望をリストアップしてみましょう。希望の優先順位も後で大丈夫です。
ご夫婦で購入する場合は、お二人の希望を全部出してみましょう。もし意見が分かれても、この時点で細部のすり合わせを行う必要はありません。優先順位もそうですが、物件を見ていくうちに収まるところに収まってくるはずです。
(2)意外と盲点となるのが予算
希望を出しきったら次に予算です。予算を気にするばかり、希望条件が出てこないと住宅計画が前に進みませんが、逆に希望を出すだけ出して予算を考えずに探し始めてしまうと、結果的に背伸びをした物件を選んでしまうことも。
不動産業者で収入を基準にローンを組める金額を計算してくれますが、「借りられる金額」が「借りていい金額」とは限りません。人生にかかるお金は住宅だけではありませんので、予算は慎重に検討する必要があります。

2.マンション&建売と注文住宅では段取りが違う

ここまで準備できたら、実際に物件を見に行ってみましょう。マンションや建売一戸建てなどの既にできているものを購入する場合と、自分で建築士にオーダーをして作る注文住宅では段取りが異なります。
(1) マンション&建売の場合
新築マンションであれば、マンションギャラリーに出かけてみましょう。中古マンションや建売一戸建てであれば、まずは信頼のおける不動産業者を見つけることが成功への第一歩です。この時に希望条件と予算がキチンと決まっていないと結果として無駄な作業をしてしまうことになってしまいます。
(2)注文住宅の場合
注文住宅の時に意外と多い失敗が、土地を探すことばかりに注力してしまい、いざ土地が決まった時に建物のことが何も決まっていないというケースです。家を一から作るのはやはり時間がかかる作業。土地を購入してから建築士を探し始めるのでは、土地のローンの利息が余計にかかるばかりか、最悪の場合、ローン自体が組めないこともあります。土地探しと建築士との打合せは並行して行うようにしましょう。

3.お金の流れを把握しよう

せっかく予算を決めたのに、支払いのタイミングを把握してなかったばかりに計画通りに行かない場合もあります。余計な出費をしないためにもお金の流れを理解しておきましょう。
(1)「いつ」「なんの」お金がかかるのか
住宅購入にかかるお金はなにも住宅本体の価格だけではありません。仲介手数料やローン手数料などのいわゆる諸費用もかかってきます。また、住宅本体だけでもマンションであえば契約時に手付金として本体価格の1割程度を先に支払うのが一般的ですし、注文住宅となると土地購入時はもちろん、建物の着工金や中間金を分割して払うことが多くなっています。「いつ」「なんの」お金がかかるのかを整理しておくとよいでしょう。
(2)準備不足だと余計な出費がかかることも
その作業を怠ると余計な出費がかかることがあります。例えば、諸費用まで借りようとするとその部分は住宅ローンと同じ低い金利で借りられない場合が多いですし、逆に手付金の支払いから引渡しまで(つまり残金を払うまで)時間があるのであれば、その間に頑張ってお金を貯めて住宅ローンの金額を減らすことも可能です。お金の流れを計画的に把握することで、効率のよいローンを組むことができます。

4.まとめ

いかがでしょうか。住宅購入を計画的に進めるための大まかな流れをご紹介しました。物件を見に行くだけでも、時間的・体力的負担が大きい住宅探し。事前に綿密な計画を建てることで無駄な消耗を避け、あなたの理想の住宅をみつけてください。

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る