2015.11.27

養子と相続の関係?養子は相続人になり得るのか??

1.「養子」には二種類ある

「養子」と一口に言いますが、実は民法上「養子」には二種類存在するのをご存知でしょうか? その二種類とは「普通養子」と「特別養子」です。
(1)普通養子とは?
「普通養子」とは、血の繋がった実の親との親子関係を残したまま、養親と新しく養子縁組を行うことです。つまり普通養子には二組の親が存在するということになります。また、養子縁組の日から養子は養親の子としての身分を取得します。
(2)特別養子とは?
一方の「特別養子」は、養子縁組の日から子としての身分を取得する点は普通養子と同じですが、この時点で実の親との親子関係がなくなってしまうことが特徴です。文字通り「親子の縁を切って」新しい養親の子となると考えれば良いでしょう。この「普通養子」と「特別養子」は、相続において扱い方が異なります。

2.民法上の「養子」の考え方

相続を取り巻く法律には、大きく「民法」と「税法」の二つがあります。この二つをキチンと区別して理解しないと、思わぬ混乱を招くことになります。
(1) 民法上は実子との違いはない
相続に関する「民法」は、言わば「誰がいくら相続するか」を決める法律です。法定相続人が誰で、それぞれの法定相続分がどれだけなのかが定められています。この民法に関しては、養子は実子となんら変わることがありません。実子と同じように相続人となり、実子と同じ相続分が与えられます。
(2)普通養子と特別養子の違い
ただ注意したいのが、「普通養子」と「特別養子」の違いです。前述のように普通養子は実親と養親の双方と親子関係がありますから、どちらの相続人にもなれます。しかし、特別養子は実親との親子関係は終了していますので、こちらの相続人とはなりません。血が繋がった子供であっても、相続分は発生しないのです。

3.税法上の「養子」の考え方

一方、税法上の「養子」はどのように考えられているのでしょうか。民法との違いには注意が必要です。
(1)税法上は実子と大きく違う
相続に関する「税法」は、「誰がいくらの相続税を負担するか」を決める法律です。民法上では実子となんら変わることのない養子ですが、税法上は法定相続人としてカウントできる数に制限が設けられています。被相続人(養親)に実子がいる場合は一人まで、実子がいない場合でも二人までしか養子は法定相続人としてカウントされません。
(2)節税の効果は限定される
なぜこのような制限があるのでしょうか。もしこのような制限がなければ、どんどん名目上の養子を増やし、相続税の基礎控除額等(非課税限度額)を吊り上げて相続税額を圧縮するというやり方が横行してしまうからです。逆に言えば、こうした制限がある以上、相続税の節税目的で養子縁組を行うのはあまり賢いやり方とは言えないでしょう。

4.まとめ

相続に関して言えば、民法と税法それぞれの観点で「養子」がどういった扱いをされるのかを理解する必要があります。相続と聞くと節税対策だけに意識がいってしまう方も少なくありませんが、幸せな相続は円満な分割ができてこそのものです。節税対策だけでなく、全体を包括的に考えることが重要です。

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
ページ上部へ戻る