2016.8.23

保険選びは保障選びから始めよう

保険を選ぶ際には選択肢が多すぎるほどあります。生命保険会社で40社強。その保険会社で販売している商品を数えてみると…とても全てを比較して選ぶのは現実的とは言えません。しかし面倒だから保険料が安いところを選んでみようか、と値段だけで選んではいけません。同じ保険料でも内容が大きく異なるのはよくある話です。
それでは保険は保険料以外にどのような視点から選べばよいのでしょうか。

1.保険料で保険を決めてはいけない。

月に1万円ぐらいの保険に入ろうかな、と保険料先行で保険をお考えの方。
保険は保険料から考えてはいけません。
なぜならば同じ保険料でも死亡保障がついているもの、入院の保障がついているもの、積立や掛け捨てなど同じ保険料でもその保険がカバーできるリスクは異なりますし、まして積立と掛け捨てで同じ1万円を比較することはできません。

2.医療保険?死亡保障?保険でカバーできるリスクの違い

では保険料以外に保険を決めるポイントは何でしょうか。
答えは簡単です。どの保障が必要なのか、で選びましょう。
入院した時の入院代をカバーするために医療保険が必要なのか、がんが怖いからガン保険にするのか、万が一のためのご遺族の生活費の補てんとして死亡保険にするのか、通院は…など考えてみれば様々なリスクに対応できるものが保険にはあります。同じ1万円でも保障の範囲は様々です。

3.あなたにとって必要な保障とは

さまざまな保障があることが分かれば、最後に考えるべきはあなたが必要としている保障は何かということです。例えば独身の方に大きな死亡保障は必要ないかもしれませんし、資産がたくさんある方は入院1泊5000円の医療保険に入るために月々数千円払う必要はないかもしれません。
保険はコストがかかるのでできれば入りたくないもの。
あなたにとって必要な保障が何なのかを十分考えたうえで金額的に負担感のないように保険を選んでみてはいかがでしょうか。

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
ページ上部へ戻る