2016.5.3

死亡保障の加入に適切なタイミングとは

1.そもそも死亡保障ってなんで必要なの

保険という言葉を聞いたら多くの方は死亡保険というのをイメージされるのではないでしょうか?そのぐらい世の中に浸透しています。本人が亡くなった場合の保険ですので、当然亡くなった本人は受け取れません。
それでは、何のために入るのかなんですが、多くの場合は残された方達に財産として残したいからという理由が多いのではないでしょうか。実際はその通りです。独身の方であれば、環境にもよりますがそこまで必要性はないかと思います。ご結婚されていれば、残された配偶者やお子様へといったところでしょうか。

2. 死亡保障に入る、見直すタイミングとは

保険というのは、昔と違い時代のニーズに合わせて年々複雑化し、各保険会社からいろんな商品が出ています。これから入ろうと思っても「もうちょっと待てばもっといい商品がでるのではないか」「本当に今入っていいのか」など考えるかもしれません。いくつかタイミングの例を挙げて見たいと思います。
(1) 住宅購入のタイミング
実はあまり知られていないのが住宅購入時の保険の見直しです。キャッシュで購入される方もいるかと思いますが、通常は住宅ローンを組んでの購入になります。その際に契約者に万一のことがあった場合に代わりに債務を返済してくれる制度(団体信用生命保険、団信)に加入しなければなりません。最近では、団信代わりの保険として割安なものも出ておりますので、無駄なコストをかけずに同等の保障を得ることができます。
(2)結婚のタイミング
特に保険を見直したいという方が多いのがこのタイミングですね。万が一の場合に配偶者やお子様に「いつ」「いくら」残したらいいのか。具体的には配偶者の年齢、お子様の人数、年齢によって保障額というのは大きく変わってきます。それなりの保障額を用意しようとすると、保険料も高くなります。お子様にも手がかかり、保険料も負担がかかって資金繰りができなくなっては意味がありません。
でも実は、先々のライフイベントに合わせて過不足のない保障が受けられる保険に見直すことによって、臨機応変に対応でき、コストを大幅に削減できます。幸せな結婚生活を送るために、無駄なお金をかける必要はないのです。

4.まとめ

いざというときの備えとして保険は大きな力を発揮します。その半面、保険に頼りすぎて生活が回らなくなっては本末転倒です。先々の人生において、どこに不安があり課題を明確にすることが重要です。非日常的なことで考えづらいことかもしれませんが「思い立ったら行動を」という言葉があるように専門家を交えて相談するのもいいでしょう。きっといい道は開けるはずです。

ページ上部へ戻る