2017.1.20

生命保険の見直すタイミングとそのポイントとは?

生命保険の見直しは定期的に行いましょう

生命保険に加入するきっかけは「社会人になったから」「結婚したから」というように、自分の人生の変化に合わせてスタートする人がほとんどです。

しかし、契約後、年数が経つうちに「結婚して子どもができた」「子どもの成長とともに教育費がかかるようになった」「子どもが社会に出るなど独立した」「年収が減って支払いが困難になった」といった生活の変化に応じて、契約当初の保障では足りなくなったり、逆に保障額を減らしたいといったニーズが生じてきます。あるいは社会保障・医療制度の変化や晩婚化・高齢化など私達の暮らしそのものが変わることによっても保障の見直しが必要になるでしょう。

image1

各ライフステージでどんな保障が必要なのか

生命保険でカバーできる人生の4つのリスク「生・老・病・死」を考えましょう。病気一つとっても、個人によってニーズは様々です。例えば年収の高い人は短期の入院費用のために保障は要らないかも知れません。逆に大病などでその大きな年収を失うような事態になれば大きな保障が欠かせません。

また、経済的なリスクは「病」や「死」のように万一の場合だけではありません。子供ができれば多額の教育資金を準備、積立しなければなりません。教育資金は一人当り1000万円とも2000万円とも言われています。「生」のリスクとはあるべきときにお金がないリスクです。

実は生存保険と言って、満期時に被保険者が生きていたら目標の金額を受け取れる保険があります。銀行預金との最大の違いは積み立てている途中で被保険者に万一のことがあってもちゃんと子供が学校に行けるだけの保障がついていることです。それでいて銀行の利息より大きなリターンもついてくるものも。これが貯蓄型の保険のメリットです。

見直しのポイントは、保険料、保障額、保険期間

生命保険に加入したときは独身だったが、結婚して子どもが生まれた、住宅を購入する、転職して収入に変化が生じる、子どもが学校に通い始めたなど、ライフステージが変化するたびに、収入全体と支出総額、そして保障内容を見直し、どれぐらいの保険料でどこまで保障をしてもらうかを考えて、必要に応じて変更を行います。

特にこれからの時代は年金や退職金など当たり前だった制度が相当額減る覚悟をしなければなりません。ですから自助努力で将来に向けた貯蓄をしなければならない時代になりました。そんな時に無駄な保障をつけている場合ではありません。

本当に必要な保障は何か、それはいつまでいくらひつようなのか、またその保障を得るのに毎月いくら支払って、総額でいくら支払うことになるのか。真剣に考える時代がやってきたと言えるでしょう。

image2

生命保険の見直しもFPバンクにお任せください

生命保険の見直しをするとき、終身と特約がセットになった保険では、契約の変更にさまざまなルールがあり「自分の希望通りに特約を解約できない、変更できない」ということがあります。

このような場合は、FPバンクのファイナンシャルプランナーにご連絡いただければ、現在の保障内容をわかりやすく解説するのはもちろん、契約者の収支やライフプランから判断して、見直す必要があるかどうかアドバイス致します。また保険だけでなく、住宅ローンや資産運用の状況なども確認して家計の総合的な観点から、今後の最適なマネープランを作ります。

そして、必要に応じて生命保険のどの部分をどのように変更するかを提案し、手続きのお手伝いもしていきますので、ご相談ください。初回のご相談は無料です。(※弊社に初めてのご来店の方のみ。)

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る