2015.12.5

家計診断でムダを無くす!成功のコツは現状把握にあり!

1.家計診断は2つの現状把握から始めるべし

家計診断において、まず初めに行うのが現状把握です。
今の状態が具体的にどうなのか分からないと、良い・悪いの判断もできないですよね。
では現状把握に取り掛かるとして、どうやって進めていけば良いのでしょうか?
これは家計を大きく2つに分けて考えていきます。
(1) 毎月のお金の流れを表す「フロー」
「フロー」と聞くと難しそうですが、「何にいくら使っているのか」ということです。
家計と聞くとほとんどの方がこちらを思い浮かべるのではないでしょうか?
給料がいくらで、食費がいくらで、携帯代金に塾の月謝に・・・・。
それぞれの項目毎に毎月どのくらい使っているのかを書き出してみてください。
これはあまり細かくやりすぎる必要はありません。
月によって出ていくお金はまちまちですし、一時的に大きな出費がある場合もあるので、大まかな平均値で見積もれば大丈夫です。
(2)貯金を表す「ストック」
フローが分かったら、次は「ストック」です。これは簡単に言うと「貯金」のこと。
基本的には毎月入ってくるお金から出ていくお金を差し引いた金額が貯金になりますので、
フローが分かればすぐに計算できますね。
毎月いくら貯金することができているのか?
現在の貯金がいくらあるのかと合わせて把握してください。

2.現状が分かったら次は何をするの?

フローとストックを計算したことで、今の家計の状況が分かりましたね。
ではいよいよここから何をすれば良いのか考えてみましょう。
(1)大切なのは今よりも未来
あなたは何の為に家計診断をしたいと考えましたか?
人によってきっかけは様々でしょうが、「これから先の生活を安心して送りたい」という思いが間違いなく根底にあるのではないでしょうか。
最近ムダ使いをしてしまっているから・・・(節約して今後の為に貯金したい)
子供の教育費が増えていきそうだから・・・(足りなくないように準備したい)
住宅を買おうと思っているから・・・(ローンを払えるようにムダを無くしたい)
全て未来の生活を家族で安心して送るためですよね。
(2)未来の希望を明確にしよう
あなたがやるべきことは、未来に向けた希望を明確にすることです。
「5年後に家を買う」「子供を海外の大学に留学させる」「老後は毎年夫婦で旅行に行く」
希望が明確になれば、必然的にやるべきことが分かります。
「5年後に家を買うために頭金を500万円貯める」
「子供を留学させるために18歳になるまでに1000万円貯める」
「毎年夫婦で旅行に行くために65歳までに1000万円貯める」
あとは貯めるべき金額から逆算して、毎月いくら貯金すれば良いのかを計算する。
その為にはあといくら出費を抑えないとだから、この出費を削ろう。
これが家計診断です。

3.まとめ

日々の生活をしていると、どうしても目先のことが気になりますが、常に未来を見据えておくことが大切です。
家計診断を行うことで未来が明確になり、今やるべきことも明確になります。
未来を考えるきっかけとしても、家計診断を行うことはオススメです。
とはいえ、いざご自身で計算されるとなかなか難しいと思われるかもしれません。
その場合にはぜひプロに相談して正確な診断をしてもらいましょう。
より精緻な診断ができますし、第三者の視点で客観的なアドバイスを受けることもできますよ。

ページ上部へ戻る