2016.3.21

目標にむかって無理のない賢い節約方法とは!

1.節約生活の目的とは

みなさん、節約生活をどのように考えていますか?無理な節約は途中で反動がきますしかと言って何もしなければ変わることはありません。まずは何のために節約をするのかその目的を持つことが重要になります。
(1)節約するために幸せを制限する
節約するためには、何もしないことが一番ですが、何もしないと生活も寂しい。
安いものばかり食べて栄養が偏ってしまい、健康を失っては意味がありません。
節約のために電話をすべて解約して、友人を失なっては本末転倒です。
交際費を削るために付き合いを捨ててしまうのであれば、幸せはどこで感じるのでしょうか。
節約は、あまりに過度になると、幸せを奪っていく作用があることに注意が必要です。
(2)幸せになるために節約する
なぜ節約をするのか考えてみましょう。決して「節約するために幸せを制限する」のではありませんよね。
「幸せになるために節約する」と私は思います。節約ができても「不幸だ」と感じてしまうのであれば、改善の必要があると考えましょう。そのためにそれぞれが求めてる幸せとは何なのか考えていかなければなりません。

2.節約方法はどのようなやり方があるのか

節約方法にもいろいろあり、ただ単にコストを抑えたりするのが節約ということでもありません。ここでは数ある賢い節約方法の中からいくつか紹介したいと思います。
(1)本当に大切なところにお金を使うことを心がける
お金の使い方は偏りがあって当然です。金銭感覚はバランスが悪いほうがいいと私は思っています。大きく使ってしまうという偏りがあってこそ、その人には夢があり、やりたいことがあるということです。生きがいを見つける事が出来ている証拠です。すべてを節約していては、何もできなくなります。これだけは譲れないというところはとことんお金をつぎ込んでもいいのです。やりたいことのためなら、お金を稼ぐ努力を惜しまないはずですし、無駄な出費を抑えていこうという気持ちも強くなってきます。さらに慣れてくるとお金の強弱をつけられるようになりコントロールできるようになってきます。
(2)見栄を張らずに自分を磨く
金銭感覚を身につけている人は見栄を張りません。見栄を気にし始めると同時にお金もかかってしまい節約を妨げてしまいます。いくつか例をあげてみると

  • 食事は自炊よりも外食
  • 移動は電車よりもタクシー
  • 旅行は国内旅行よりも海外旅行
  • 車は型落ちの中古車よりも最新の高級外車
  • 住まいは中古住宅よりも新築のタワーマンション

といったように見栄を張り始めるときりがありません。最新には終わりがないように見栄にも終わりがありません。ある程度境界線を引き、優先順位をつけ我慢することも大事です。自分の内面を輝かせて、品を通して自信になっていくのです。それが誰も真似できない自分だけの自信になります。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?節約生活を行う上で節約の仕方もいろいろあり、その人に合った節約方法も様々あります。共通して言える大事なこととして、まずはきちんと目的を持って自分の現状を知るということです。そうすればおのずと将来の人生設計への第一歩が踏み出せることでしょう。

ページ上部へ戻る