2017.7.1

日経平均株価が生活に与える影響とは?

1.日経平均株価とは

(1)日本の景気を表す重要な指標
毎日の経済ニュースの最後には必ず「今日の日経平均株価はいくらで、ドル円の為替はいくら」という情報が提供されます。また、日経平均株価の価格が大きく動くとそれが経済情報のトップ―ニュースとして扱われます。
日経平均株価は、東京証券取引所(東証)の一部に上場している2000社前後の中から日本経済新聞社が日本を代表する企業として225社を指定し、その株価の平均価格を指数化して発表している指標です。いわば「日本の景気の変化」を代弁しており、景気判断の指標として重要なものです。
では、その225社とはどのように選ばれているのでしょうか?

(2)日本企業の代表225社の内訳とは
 日本を代表する225社の内訳ですが、東証に上場している企業はそれぞれの業種ごとにセクターと呼ばれる分類がなされています。現在のその業種は33業種。上場している企業には「企業コード」という4ケタの数字が指定されており(例えば、トヨタ自動車なら7203)その先頭二桁の数字がおおむねその業種を表しています。セクターの分類には金融・保険業、建設業、商業、サービス業などがあり、その業種における経済的寄与度の高い企業が選ばれています。
 例えば、自動車セクターでいえば、トヨタ、日産自、ホンダ、いすゞ、富士重工、マツダ、日野自、三菱自、SUBARU、スズキ、ヤマハ発の10社が指定されています。いずれの会社もみんなが知っている一流大企業です。
また、対象となっている225社は企業業績などにより定期的に見直されています。最近、2017年8月1日付で東証一部から東証2部へ降格が予想されている東芝ですが、東芝も日経225の対象銘柄です。このままいけば、銘柄の入れ替えが行われます。その入れ替え候補としては同業種の「セイコーエプソン」や「村田製作所」などが挙げられています。

(3)日経平均株価に影響を与える企業とは
 日経平均が最高値を付けたのは1985年末(大納会)の3万8915円で、日本がバブル経済の頃でした。ここ30年間での最安値はリーマンショック時の2008年10月の6995円。日経平均株価は世界情勢や地政学リスクにも大きく影響を受けます。近年では東日本大震災、チャイナショック、イギリスのEU脱退決定(ブリグジット)、トランプ大統領の当選などによって日経平均株価が1日で1000円以上も動く日もありました。
 また、日経平均株価の決定に大きく影響を与える企業があります。その企業のことを「日経平均株価に寄与度の高い銘柄」、「値がさ株」と言われることがあります。現在、3つの企業が寄与度の高い銘柄として有名です。ファーストリテーリング、ファナック、ソフトバンクです。これらの企業の株価はいずれも高値のため、経済ニュースでもよく取り上げられています。
 では、この日経平均株価は私たちの生活にどのような影響を与えるのでしょうか。

2.日経平均が生活に与える影響とは?

(1)マクロ経済と日経平均株価
 私たちの経済環境はマクロ経済によって影響を受けています。つまり、世界情勢や地政学リスク、国内での政治動向、為替、原油価格など様々な原因が絡み合っているということです。日経平均株価もマクロ経済の動向によって変化していきます。
 一般的には、日経平均株価が上がると景気が上向きになっていると言えます。しかしながら、実体経済においてその景気の豊かさを享受するまでには時間がかかります。日経平均株価が高いレベルを一年二年と維持しなければ、生活にはなかなか反映されてきません。その意味で日経平均株価は「景気先行指標」であり、「これから高値の状態が続けば景気が良くなっていくよ」ということを伝えてくれるものと言えます。

(2)日経平均株価が上昇すると世の中はどうなる?
 実際、日経平均株価が上がるということは、その企業の資産価値(株価×株数)が高まるということですから、経営基盤を支える資金が潤沢になるに等しいと言えます。そうなると、株主への配当金が増え、設備投資に充てる資金が増え、従業員の賃金が上がるという経済効果が見込まれます。
 投資家にとっては、自分がその会社の株を買っているとすると株価の上昇により、キャピタルゲイン(株式を売買することによって得られる利益)を得られることになります。私たちの生活環境の変化に影響を与えるシグナルとして存在している日経平均株価という指標ですが、TOPIXという景気指標もあり、こちらは東証一部上場企業のすべての銘柄を対象としています。
 アメリカの指標で日経平均株価にあたるのが「ダウ平均株価」(NYダウ工業株30種:米国の超一流企業30社の株価指数)で、TOPIXにあたるのが「ナスダック指数」や「S&P500」になります。

3.まとめ

 毎日の経済ニュースで日経平均株価が取り上げられているという理由がお解りになったでしょうか。日経平均株価の推移を予測するということは「日本経済の景気動向」を予測するということです。ご自身の資産運用活動や投資活動にも大きく影響していると言えるでしょう。ご自身が資産形成や資産運用をするにあたって、日経平均株価がどういった世界情勢の変化によって影響を受けるかという視点で新聞を読んだり、経済ニュースを見るとより、興味が湧いてくるのではないでしょうか。

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る