2015.10.1

国立大学の学費はトータルでいくら?学費を工面する方法

1.国立大学の学費

国立大学の学費はトータルで幾ら掛かるのでしょうか。国立大学だから学費が安いと思っていたら大間違い。やはり4年間で何百万という学費が必要となります。では、入学時に幾らあると安心して大学生活を送れるのでしょう。国立大学の学費は一般的に大学4年間で総額500万円掛かると言われています。国立大学も私立大学並みに学費が掛かります。
 
入学時、つまり高校三年生時点で幾ら貯めておくと大学4年間を無理なく送れるかと言いますと、総額の半分約250万円は入学時に用意できるとよいでしょう。250万円を子どもが高校生になったときから工面するというのは結構大変なものです。
単純計算で250万円÷3年間÷12ヵ月=6.9万円/月 
月々約7万円を積み立てるのは難しいでしょう。ここで学費を工面する方法を幾つかご紹介します。学費を捻出できないときに真っ先に出てくるのが奨学金制度の利用ですが、なるべくなら奨学金制度を利用せずに学費を工面したいものです。まずは親が自分たちで出来ること。そして、奨学金を利用する際に注意する点をまとめてみました。

2.学費を工面する方法

(1)親が働き方を変える
昨今、夫婦共働きの世帯は妻が専業主婦の世帯よりも多いという記事を見ましたが、食べ盛りの子どもを抱えて月々7万円を積み立てを夫だけの年収に頼るものは難しいでしょう。仮に捻出出来たとしても、日々の生活が窮屈に感じるでしょう。
そこで、もし妻が今専業主婦だったらパートに出てみるのも一つでしょう。子どもも高校生になると親元から離れ友人と過ごす時間が多くなります。時間が出来た中で、月々7万パートとして働くと今の生活スタイルを変えずに子どもの大学費を捻出することができます。
(2)保険の見直し
今加入している保険はどのような内容ですか?日々お客様と接客していますが、この質問に答えられる人はとても少ないです。自分たちが加入している保険がどのような内容のものなのか答えられないということは無駄な保険に入っている確率が高いです。
日本の世帯の8割以上が加入している保険ですが、中には1000万円以上の保険料を掛け捨てで払っている人もいます。その1000万円が手元にあったらどうでしょう。学費はもちろん老後資金にもなります。今加入している保険を答えられない人は今すぐ見直しましょう。
(3)奨学金
国立大学はお金がなく子どもの努力で入学する人も多いでしょう。さらに、その際に奨学金や住宅ローンを検討している人も多いはず。しかし、奨学金と言うのは借金を抱えるということで大学を卒業し、晴れて社会人になったときに300万円なりの借金を抱えてスタートするということになります。
しかも、奨学金を返済できなくなる人は年々増えています。一度でも奨学金の滞納があると、本人に電話での催促が始まり、3ヵ月以上の滞納になると、奨学生の個人情報がブラックリストに送られます。3~8ヵ月の間は委託先の民間業者から催促を受け、滞納が9ヵ月を過ぎると「支払催促」が送付され、それでも滞納を続けると、本人の給与差し押さえ(約25%程度)や提訴が始まります。
奨学金の返済が出来ない状況になって、弁護士に相談すると自己破産を薦められます。しかし、自己破産しても借金がなくなるわけではなく、奨学金の申込みの時に記入した連帯保証人が取り立てられます。
奨学金についてもっと気になる方は、「奨学金の怖さを知れば、上手な使い方が見えてくる」をご覧ください。

3.まとめ

いかがでしたか。今回は国立大学の学費に特化しました。私立大学に比べ学費を自分で工面する学生も多いのではないでしょうか。奨学金はしっかり理解して利用しましょう。学生生活を謳歌する為にも学費の資金計画は今のうちから準備しておきましょう。

執筆:久保田正広

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る