2015.10.13

家計の3つの節約術!ストレスなく大幅に節約できる魔法の方法

1.簡単&大幅に削減できる節約術

家計の節約で頭がいっぱいになっていませんか?こまめに電気を消し、すばやく冷蔵庫を閉め、トイレは2回に1回しか流さない・・・頑張っているのになかなか効果を実感できないあなたに即効性のある簡単節約術教えます!節約の基本は家計に占める大きな費用(固定費)を抑えることです。以下代表的な3つについて解説致します。
(1)固定費を下げるその1(通信費)
大きく費用がかかってしまうものの一つに通信費が挙げられます。首相も各大手通信会社に通信費を下げるように、との指示を出しましたが近年家計における通信費はそれほどまでに大きく膨れ上がっています。大手通信業者のスマートフォン1台あたりの通信費は7,000円程度なので4人家族の場合は7,000円×4人=28,000円もひと月あたりかかってしまいます。
これを年間に計算するとなんと33万円!こんなにも多くの通信費がかかってしまっているのです。最近流行りの格安スマートフォンに変更すれば月々2,000円以内の通信費に抑えることも可能です。家族全員変更すれば家族4人、年間で24万円の節約になります。これはとても大きな節約になりますね!
(2)固定費を下げるその2(住居費)
次に住居費です。賃貸の方であれば今よりも安い家賃のところに引っ越す、という選択肢があるかと思いますが、なかなか難しいですよね。
そんな方は更新費用がかからないUR住宅はいかがでしょうか。2年に1度かかる更新費用がかからないとすると家賃10万円かかっていらっしゃる方の場合30年で150万円もの節約になります。
そして、住宅ローンを払っている方、もしくは今から住宅購入を考えていらっしゃる方。まず、住宅ローンを払っていらっしゃる方にオススメなのは「借り換え」です。住宅ローンを組んだ際には低い金利のローンを組まれたかもしれませんが、今や過去まれにみる低金利時代。借り換えを行うことで数100万円の節約になることも少なくありません。
これから住宅購入を考えていらっしゃる方の強い味方は「住宅ローン控除」。最大500万円まで税金を控除することが可能です。夫婦で住宅ローンを組む場合には500万円×2の1,000万円!なんとも魅力的な制度です。
(3)固定費を下げるその3(保険)
最後にご紹介するのは保険です。今ご加入している保険の内容、金額をスラスラと思い浮かべることはできるでしょうか。実は内容がよくわからない保険にご加入している方は非常に多くいらっしゃいます。保険によっては合計1,000万円程の保険料をかけることになる種類のものもあります。保険も内容を見直すだけで数100万円のコストダウンにつながります。通信費、住居費とともに見直してみては?

2.まとめ

節約はいろんな方法がありますが、ストレスのかかる節約方法、効果が実感できない方法だと続けることが難しいですよね。効果的に節約する方法としては通信費、住居費、保険など大きなお金がかかる固定費を見直すことがなによりも重要です。

執筆:久保田正広

  • 無料相談予約TEl
  • 無料相談予約フォーム
初めての方

キッズスペースもあります

採用をご希望の方へ
ページ上部へ戻る