2016.4.19

[終了]「30代子育て世帯向け!ムリなく買える子どもが走れる広い家とは?」無料セミナー

 

今大注目のリノベーションで「無理なく広い」マイホームを!

30代子育て世帯向け!住宅購入戦略セミナー

zerorenova2
数年前から続く住宅ローンの低金利化に拍車をかけることになった、日銀のマイナス金利政策。その影響で住宅ローン金利は過去最低水準で推移しており、住宅購入を考える人にとって千載一遇のチャンスが訪れています。
たとえば3000万円の借り入れを35年で返済する場合、借入金利が1%違うだけで総返済額は600万円以上もの開きが出てきます。自分の買う家が「600万円安くなります」と言われたらどうでしょう?嬉しくなりませんか?金利が低いというのは住宅購入において本当にメリットが大きいのです。
さらに現代では共働きの世帯が増えています。厚生労働省の調査によると1990年代に専業主婦世帯数を共働き世帯数が上回って以降、その差はどんどん広がっています。
夫婦それぞれが仕事を無理なく続けていくことを考えて、通勤に便利な「駅から近い」立地にある物件で、なおかつ「子どもをのびのびと育てられる広さ」を合わせて求める方が多いようです。
また、いずれ長期出張や転勤などがあった場合に備えて、購入した物件を売ったり貸したりできる「資産性」を重視する方の割合も年々増えています。

新築の価格は買った瞬間に落ちる!?

駅から徒歩10分圏内、ゆったり寛げる3LDKなど、同じ条件下であったとしても、新築と中古の価格には倍以上の差がつくことがあります。
なぜこんなに差がつくのか?
新築マンションは買った瞬間に2~3割は価値が下がります。なぜなら、新築には「売るためにかけた広告費」や「セールスマンの給料」などの各種経費が物件価格に上乗せされているからです。
さらに、住宅は少しずつ資産価値が減少していくものですが、その減り方はいつでも一定というわけではありません。新しいうちほど減少が顕著で、一定期間経過した後は減少がゆるやかになっていくのです。
そのため、無駄のないお得な買い物をするにはこうした上乗せ費用がなく資産価値の減りもゆるやかで、さらに今後数十年は暮らしていくことも想定できる状態──つまり築20年くらいの物件が”狙い目”だといえるでしょう。
20年も経っているとかなり汚くなっているのでは……と心配な方もいるでしょうが、中古であれば購入後に「リノベーション(改修工事)」を行うことで新築同様の環境が手に入ります!
物件にもよりますが「中古マンション購入+リノベーション」の費用を全部合わせても「新築マンション購入」の費用より少なく済むケースが非常に多いです。場合によっては1000万円単位の開きが出ることも!?
これだけ大きな”おトク”があるなら、浮いたお金でお子様の教育資金を賄うこともできるでしょうし、、リノベーションにより住宅の資産価値も向上するので、将来売ったり、貸したりできる可能性も高まります。
そして何より、自分たちの好きな間取りやデザインの住宅を手に入れることができるのです。
f8d4e267f4fa0e9ed1bff68beaab790a
FPバンクとゼロリノベーションがタッグを組んでお送りする「30代子育て世帯向け!”子どもが走れる広いおうち”とは」、お金のこと、住まいのこと、何よりも家族のためになることを学んでみませんか?

概要

講義名 : 30代子育て家族向け”子どもが走れる広い家”とは?
日時 : 6/18(土) 14:00 ~ 16:00
場所 : (株)FPバンク 東京office
講師 : 大橋 祐貴(ファイナンシャルプランナー)
参加費 : 無料

このセミナーは受付終了いたしました。

ページ上部へ戻る